顧客管理 沖縄 販売システム 営業支援

営業時間9:00-18:00 098-988-8865 東京オフィス03-6273-0970

セールスフォースの特徴|顧客管理・営業支援 Salesforce -セールスフォース- 導入なら「テラ・ウェブクリエイト」にご相談ください。

セールスフォースの特徴

CRM(顧客管理)ソフトウェアで世界最大シェア、全世界で10万社以上の業種・規模の企業が導入しています。

Salesforce (セールスフォース)

Salesforce (セールスフォース)は、マーケティングオートメーション、セールスオートメーション、カスタマーサポートサービスの本格的なクラウド型 CRM(顧客管理)アプリケーションです。 導入企業が世界中で 100,000 社 (2011 年 9 月末現在 ) を上回り、規模、業種業態を一切問わないソリューションとして多くの企業より高い評価を受けています。
コールセンター、モバイル、オフラインなど様々な利用形態、業種業務にあわせたカスタマイズ、他システムとのインテグレーションが可能です。特長として柔軟な費用と強固なセキュリティを持つシステム機能等があげられます。 導入した企業様の内部のみならず、お客様の満足度を向上する「顧客満足度」アップするためのシステムとお考えください。

全国での導入事例

日本全国で、大企業~従業員数名の企業まで資本の大きさを問わず、最新のテクノロジーをすべての企業に適正な価格でご利用いただけます。様々な規模、業種の実例を御覧ください。

陣屋 様
ソーシャルメディアを活用した新手法の導入によって現場情報の可視化と、多彩で質の高い顧客サービスがよりきめ細かく展開できるようになりました。
— 代表取締役社長 宮﨑 富夫 氏
ウシジマ青果 様
膨大な帳簿を一枚一枚めくって電卓はじいてやっていたんです。それが、驚くほどラクになりました。
— 社長 牛島 清市 氏
塩安漆器工房 様
セールスフォースでお客様との絆づくりを強化し、輪島塗のファンをもっと増やし、地域活性化にも貢献してきいたいです。
— 常務 塩安 康平 氏

顧客満足度アップが売上げアップへ

顧客情報をきちんと整備することは、どの企業にとっても重要なことです。 例えば、顧客からクレームや問い合わせを受けた場合、当時の取引内容や顧客の情報が分かれば、迅速に適切な対応をとれます。逆に顧客情報が未整備の場合、解決までの時間がかかりすぎたり、見当違いな対応をしたりして顧客満足度を下げる危険性もあります。セールスフォースの導入により、顧客情報の共有によってタイムリーな提案・対応が可能になり、売上アップに成功した起業は世界中に存在しています。

顧客満足度アップが売上げアップへ

顧客満足=CS (Customer Satisfaction)。
かつて企業は商品の質や種類を自身の判断で決定し、その生産性の効率を最大限に上げることで利益を最大化出来ると考えられてきましたが、1970年代くらいから、商品を購入する一般消費者の要望や好みを調査し、その結果にあった商品を開発していくほうが、生産性や効率をある程度犠牲にしても利益が大きくなることが分かってきました。

これは何も生産業に限ったことではありません。サービス業などでも、お客様がどのようなことに満足・不満を感じているかを判断することは、継続的なリピーターのお客様を生み出すことにつながり、現在では利益の最大化に対する大きなテーマの一つとなっています。

セールスフォースの機能

セールスフォースは中小企業から大企業まで、企業規模や業種を問わずご利用いただけます。 営業、マーケティング、コールセンター、企画・開発など様々な分野で活躍する機能を多数備えており、 企業全体の営業力をアップすることができるアプリケーションです。

営業支援

  • 顧客管理
  • 商談情報
  • 見込み客管理
  • 承認とワークフロー
  • 商品管理
  • 契約管理
  • Webからの新規問い合わせ管理
  • 売上予測

代理店管理

  • 代理店(パートナー)の商談情報の可視化

コンテンツ(文書)管理

  • 高い検索機能(全文検索、タギング、購読機能)
  • 高い共有性(コンテンツの評価、コメント、ダウンロードと購読のトラッキング)

アイデア管理

  • アイデアの投稿、投票とディスカッション

データ集計・分析機能

  • データ一覧表の作成とグラフ化(レポート、ダッシュボード)

マーケティング支援

  • キャンペーン管理/予算のROI測定(投資収益率)
  • 一括メール配信

サービス&サポート

  • 問い合わせ管理(顧客サービス/製品サポート/フィールドサービス/ヘルプデスクなど)
  • ナレッジマネージメント(公開知識ベース、FAQの構築、推奨ソリューション)
  • WEB・電子メールからの問い合わせ受付
  • コールセンターインテグレーション

モバイル

  • 携帯電話からSalesforceへアクセス(ドコモ、au、Softbank、スマートフォン)
  • Offlineアクセス(モバイルPCなどから)

Salesforce for Google

  • Salesforce for Google Apps
  • Salesforce for Google Apps

AppExchange Apps

  • Salesforceと連携可能なアプリケーション
クラウド カスタマイズ セキュリティ
ハード不要の
クラウドプラットフォーム
「マルチテナント設計」でユーザー個々にカスタマイズが可能 「セキュリティ」が確保された
アプリケーション、インフラ環境
インターネットを介してビジネスアプリケーションを提供する仕組みで必要なのはPC とネットワーク回線だけです。 Salesforce CRM はクラウドプラットフォーム「Force.com」の上に構築されており、圧倒的な高可用性、拡張性があります。 従来のASP サービスではできなかった、標準のCRM 機能を個々のユーザーが独自にカスタマイズすることが可能です。 また、カスタマイズはWEB 画面操作からコード開発まで用途に応じた対応が可能です。 法人サービスに必要なアプリレベルでの細かなセキュリティ設定、共有ルールからネットワーク、施設設備レベルでのセキュリティまで高次元の総合的な情報セキュリティ対策が施されています。
セールスフォースは銀行系、官公庁でも採用され、各種セキュリティ基準を満たしています。

セールスフォース・ドットコムは、
世界で最も成長しているソフトウェア企業です。

セールスフォース・ドットコム
創業・サービス開始 米国: 1999 年創業2000 年サービス開始
日本: 2000 年創業2001 年サービス開始
年間売上
(2015年1月31日発表)
53億7000万ドル
(前年度比32%増)
ご採用社数 150,000社以上
従業員数
(2015年1月31日現在)
16,227人
対応言語数 ユーザ向け:31以上
( 管理者向け:16以上)

クラウドコンピューティングと、
顧客管理システムのリーディングカンパニー。

クラウドコンピューティング

なぜセールスフォースなのか

トータルコストが違う

柔軟かつ迅速にアプリ・インフラ拡張ができることの優位性 ビジネスの段階に関わらず、初期段階で一定の費用が初期に必ずかかってしまうゼロベース開発やパッケージ利用開発はビジネスの予測精度を求められるのに比べ、オンデマンド型であるセールスフォースは初期費用を抑えられ、ビジネス段階に応じて拡張できるので、投資過剰や不足、設備増強時のタイムロスを避けることができます。

トータルコストが違う

業務環境は必ず変化する

長期間利用すると月額費用がかかるシステムは、自社資産として保有するオンプレミスシステムよりもトータルコストが高くなるように思えます。 たしかに3年も5年もカスタマイズや変更無しに使用できるアプリケーションは、SaaSではなく、パッケージやカスタム開発によるオンプレミスシステムも選択として考えられますが、実際は業務環境はほぼ必ず3~5年で変わってしまい、保守、メンテナンス開発などの追加コストが必要となる場合が殆どではないでしょうか。またインフラ保守費用はどちらにしても発生してしまいます。

セキュリティが違う

アクセス制限、パスワードポリシー

アクセス制限、パスワードポリシー
IPアドレスによるセールスフォースへの接続元アクセス制限、時間帯、曜日、営業日などによるアクセス制限をかけることが可能です。また、パスワードポリシーの設定も、長さや文字種類をはじめ、有効期間、過去パスワードの利用制限、ログイン失敗ロックなどきめ細かく設定が可能です。

厳重な物理セキュリティ

安全なデータセンター、ネットワーク保護、災害復旧、バックアップ、内部、およびサードパーティによるテストと評価、セキュリティ監視、などセールスフォースは法人向けサービスとして必要なセキュリティ対策に特に対策が講じられています。

自社運用よりも高度なセキュリティ対策

機密情報、顧客情報のなどの情報を外部のシステムに預ける、そのリスクを敬遠するケースもあると思いますが、官公庁や自治体など公機関のセールフォース採用事例があります。また第三者機関による定期的なセキュリティ評価を取り入れるなど、場合によっては自社運用よりも、高度なセキュリティ対策、運用管理を集中して行っていると考えられます。

性能・信頼性が違う

稼動状態の開示

セールスフォースのシステムは、機能停止として認識されるシステム故障を最小限にするために、すべて多重化されています。セールスフォースの稼働率は、予定稼動時間に対して99.9%を達成しています。また、システム稼働状態、システム性能に関する現在と過去のデータは「trust.salesforce.com」で常時開示されています。

安価の理由

  • ハードウェア、ミドルウェア、サーバ構築設定費用が掛からない。
  • ノンプログラミングで基本的な業務アプリ構築が可能。

今までのシステム構築との違い

これまでのシステムとセールスフォースの大きな違いは「マルチテナント方式」を採用している事です。
マルチテナント方式の共有システムは、ユーザーが1 人の場合から1 万人の大規模環境に至るまで、すべての顧客に対して平等に最新の機能を提供します。すべてのユーザーが同一データベース、同一スキーマを共有しながら、セールスフォースはユーザー個々のカスタマイズを可能とします。

貴社のご要望に合わせたカスタマイズはもちろん、実際に利用するユーザー自身にもある程度のカスタマイズが可能となっており、使いやすさを追求したシステムとなっております。

比較軸 自社運用型(オンプレミス) 従来型ASPサービス Salesforce
(1)導入期間 要件定義からリリースまで一般のシステム開発形態では短期間導入は困難 要件とのマッチ度が高ければ短期間。適合度が低ければそもそも選択できない。 ハード調達が不要。カスタマイズがあっても2ヶ月~3ヶ月で導入可能なケースが多い。
(2)アプリ拡張性 アプリは変更できないか、またはカスタマイズをソフトベンダーへ個別に依頼する。 アプリは全体共通で変更できないか、またはカスタマイズをASP事業者へ依頼する。 アプリは個々にカスタマイズが可能。外部システム連携もAPIにより可能。
(3)効果測定機能 高度な内容も自由にできるが、個別システム開発/期間コストがかかる。 定型のもの、またはカスタム許容度が低い傾向がある。 カスタマイズ可能なレポート機能を標準搭載。外部帳票ツールとも連携可能。
(4)セキュリティ対策 自社基準に合わせられる反面、自社でセキュリティ確保する必要がある。 自社基準に適合しているか確認する。満たしてない場合は要請、対応可否確認。 各種セキュリティ基準に適合済。2010年日本にもDC設置を予定。
(5)インフラ拡張性 キャパシティプランニングによる。拡大時は都度対応または予測しておく必要あり。ハード増強追加に都度追加コストが必要。 可用性は事業者に確認。 拡大時の対応も容易に実現。
(6)インフラ保守・監視 ハウジング・ハード購入・冗長化・監視まで自社対応または外部業者に委託 事業者の契約規定による。インフラ保守は不要。 事業者との契約規定による。稼働率99.9%、稼働状態を公開。インフラ保守は不要。
(7)コスト 初期にインフラ、アプリ費用が一機にかかる。 標準機能で充足するのであれば低価格傾向。 初期費用を抑えて開始できる。

1.短期間でのシステム構築に対応

開発期間が短期間である場合は、パッケージ型でもASP/SaaS型アプリケーションでも、 以下が重要なポイントになります。セールスフォースは短期間でのカスタマイズ導入実績が多数あります。

  • 既にどこまで要件に適合しているか
  • カスタマイズして要件に素早く適合できるか

2.セキュリティ、可用性が担保されたアプリケーション、インフラ構築、運用コストの低減

ライセンスには下記のようなアプリ、インフラ保守・監視等の人件費を含めた保守費用が盛り込まれています。
ビジネス上のメイン業務ではないインフラ面に関して煩わされることなく、メインとなる業務へ集中できます。

ハードウェア購入、データセンター設置、パッチ適用、ハードウェア、ミドルウェア、ソフトウェアエラー監視、ミドルウェアの設定、バージョンアップ、想定アクセスに耐えられる冗長設計、冗長構成のハードウェア、負荷増加時のスケールアップ、試験用環境、高まるセキュリティ基準への対応・・・

3.初期コストを低減しビジネスの変化に対応した柔軟なカスタマイズ性、伸縮性

初期コストが大幅に低減でき、運用開始後のPDCAサイクルの中で機能拡張、規模拡張、改善ができるプラットフォームです。

  • ビジネスが順調で規模を拡大したい場合。
  • 初期投資を抑えて、開始後にビジネスにあわせて順次拡張していきたい。
  • 一定期間しか使わない。特定一時期にのみ規模や可用性が欲しい。
  • 現場の声を受けて初期に想定した機能、業務を改善したい。
  • ビジネスを検討している時間が多く必要で構築する時間が短い。
  • ASPでは自社に適合するものが見つからない、仕様を頻繁に変更したい。

セールスフォース

セールスフォース導入の流れはこちら

セールスフォースの特徴セールスフォースの特徴

テラ・ウェブクリエイトの特性テラ・ウェブクリエイト
の特性

お客様事例お客様事例

セミナーのご案内セミナーのご案内

ページのトップへ